依存症依存症とは特定の行為をやめたくてもやめられない程、はまっている状態をいいます。
依存症は、上手く人間関係を構築できない人がなることが多いとされており、 「アルコール依存症」や「薬物依存症」、「ギャンブル依存症」、「恋愛依存症」など種類もさまざまです。
スポンサードリンク

 ■依存症の基礎知識

依存症 依存症を治療するには?
依存症の治療は、薬や手術では回復の効果がありません。周りの人が依存行為を無理矢理やめさせようとしても無駄であり、本人に止めようという意志がなければ、意味がないのです。
まず本人が依存症であると自覚し、止めようと決めることが第一歩です。

依存症 アルコール依存症
アルコール依存症になると、アルコールがないと落ち着かなくなったり、アルコールをやめようと思ってもやめられなくなります。
また「肝硬変」や「高血圧」、「神経障害」、「うつ病」など身体に悪影響が起こります。 唯一の治療法はお酒を断つことであり、これは一口も飲まないように徹底して行なわなければ完治しません。

依存症 恋愛依存症
恋愛依存症はある意味で心の病気です。恋愛依存症になると相手への要求がどんどんエスカレートしていく傾向がみられます。
それを克服するためには、まず自分の恋愛のパターンを客観的に理解することが大切です。 そして次に自分を好きになることです。そうすることで恋愛に依存する必要もなくなってくるのです。

依存症 買い物依存症
買い物依存症の人は買い物によってストレスを解消しようとします。また心のさみしさや、虚しさなどを埋めようとします。買うという行為そのものに快感を覚えているのです。

これは経済的にも深刻な問題となるため、クレジットカードを持たないようにしたり、早急な対策が必要です。 買い物依存症の人の多くは、どれくらい買い物でお金を使っているかを把握していないのも特長です。

高血圧の治療 原因・予防と食事